スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーマス号に乗ってお花見に出かけよう!

ようやく気温も暖かくなり、お花見の季節がやってきました。10000系トーマス号の活躍の舞台となっている京阪交野線の沿線には、豊かな自然がたくさん残っています。そこで、今回の記事では、交野線のお花見ポイントをご紹介したいと思います。

まずは、車内からお花見が楽しめるポイントということで、村野(むらの)駅から郡津(こうづ)駅にかけての線路沿いにつづく桜並木をご紹介しましょう。

枚方市駅から3つ目の村野駅を出発すると、電車は緩やかな坂を上りはじめます。そして、その坂を上りきって、小さな川を渡ったら、進行方向に向かって右手に目を向けてみましょう。すると、そこから郡津駅までのおよそ400メートルにわたって見事な桜並木が続いています。車内がピンクに染まるほどの咲きっぷりで、見ごたえは抜群です。

sakura1.jpgsakura2.jpgsakura3.jpg
私市ゆきの車内から進行方向右手を眺めてみると…。郡津駅の私市ゆきホームから眺めてみると…。線路に沿ってずーっと桜並木が続いているのが分かります。郡津駅で下車して村野駅の方へ歩いてみると…。桜並木ごしに走る電車の姿を楽しむこともできます。

そして、もう1つ、お花見を楽しみながらトーマス号を眺めることができるポイントということで、河内森(かわちもり)駅と私市(きさいち)駅の間にある高台をご紹介しましょう。

河内森駅を出ると、電車は右に大きくカーブしながら、終点の私市駅に向かうのですが、進行方向に向かって左前方に注目していると、剪定された植木で「きさいち」と書いてあるのが見えるかと思います。その文字の上にある高台に、桜の木がたくさん植えられています。

sakura4.jpgsakura5.jpgsakura6.jpg
ちょっと分かりづらいですが、「きさいち」の文字が見て取れます。線路をはさんで向かい側から見てみると…。高台の上にはお寺もあり、なかなか画になる風景です。高台の上から見下ろすと…。カーブを描きながらゆっくりと走っていく電車を眺めることができます。

桜の木の下で、おにぎりでも食べながら、眼下を走るトーマス号を眺めるというのも、なかなか楽しそうですね。河内森駅から歩いて10分ぐらいで高台(地図の真ん中)に着きますが、途中で分かれ道がありますので、地図を印刷してお出かけになることをおすすめします。


いずれのポイントも、来週の後半ぐらいに見ごろを迎えるのではないかと思います。この記事を参考に、ぜひ春の交野線へお出かけください。

●「10000系きかんしゃトーマス号2011」運転時刻表 平日ダイヤ (PDF)
●「10000系きかんしゃトーマス号2011」運転時刻表 土曜・休日ダイヤ (PDF)
※車両点検のため、運転されない日もあります。こちらのカレンダーでご確認ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メニュー
「きかんしゃトーマス号」に乗ろう!
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 宇治情報へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 交野情報へ
訪問者数

.
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ内検索
二次元コード
QR
Twitter(ツイッター)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。